FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2冊合同誌を書いてみての振り返り

17年12月と、18年4月に、2冊の合同誌の執筆を行い、いくつか思ったこと、得たものがあるのでメモ。

合同誌の説明
まずは、それぞれの合同誌の説明。
17年12月発行 ワンストップ!技術同人誌を書こう
技術同人誌を書いて、イベントで売るために必要なノウハウ全て。
220P。執筆者10名。
説明詳細は、C93合同誌:「ワンストップ!技術同人誌を書こう(仮)」 の企画要旨説明
等を参照ください。

18年4月発行 錬金術Meetup合同誌 Alchemist Vol1
11月からスタートの勉強会、錬金術MeetupのLTネタ振り返り等を含む合同誌です。
確率論から論じる競馬、株価を取得するとか、予想するとか、暗号通貨について書いてみたり。
120P著者9名。

いずれも、本としては大成功で、
ワンストップ本は、冬コミC93 で130部ほど頒布、委託分、Boothでの電子版も順調に売れており、
さらに商業化され、4/13発行、技術書典4でも200部完売となりました。

錬金術本 Alchemist Vol1も、現時点では未集計なものの、200冊以上を売った形になっています。

いずれの本も、きっかけの相当部分は私にあり、結果編集的な部分を担当することになりました。
ワンストップ本は完全に発起人及び発行元ととして、
Alchemistの方は、「価値あるものになるからやりましょう。」と、Meetup主催をノセて書き始めた、という意味で。

同じだったところ
・Re:view+Gitによる共同執筆
・編集者未決定

違うところ
・ワンストップ本:全員サークル主 Alchemist本:初執筆者あり。
 環境構築等個人差あり、思うように原稿が進みませんでした。(初執筆の人が遅いというわけでもない)

結果として、Alchemist本では、印刷所の早割をぶっちぎり、別の印刷所の早割を適用出来ました。
そういう意味では、十分に回った、とも言えますが。
また、コミケ前ほどの繁忙期ではなかったため、5日前でも割引入稿可能であったという状況でしたが、
コミケなら確実にアウトです。

そういう意味で、
・死守すべき締切を事前決定しなかったこと、
・編集長を決めなかったこと
は、進行遅延における大きな要因だったと考えます。

ですから、これから合同誌を書こうとされる方、上記2つはただちに決めてから執筆を開始しましょう。

スポンサーサイト

| ホーム | 技術書典4 振り返り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。