スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの箱」についてのご説明

技術書典3で、「例の箱」を作って、大爆死した件について、
ご説明と、今後の対応についてご説明いたします。

1. あの箱とは何か。




勝手にツイート引用…
「東京地検特捜部」と横書きのある、小さめのダンボール箱である。

2.作った理由
新刊入稿前後のデスマ中に突如思いついたので・・・

「ガサ入れ」用の箱とか、あったら面白くね?
技術書典から出てくる人がみんなそれ持ってるのwww

ダンボール印刷を調べてみると、案外安い。
イラレ入稿可能で、納期2週間でお釣りが来る。
悪ノリをしてしまいました…

当初目的は、戦利品を返送するのに使ってもらうといいかな…という想定がありました。
前回の技術書典振り返りイベントで、「戦利品を入れる袋を持ってきてない人が多い」という話があり、
その補完と、ネタ作って満足する、(あわよくばそれで小銭を稼ぐ)想定だったわけです。

3.爆死の状況
搬入は、宅配便にて会場直送。
すでに自分の場所においてくれてあるので、3つほど組み立てて、値段を書いておくも、
「売り物であると認識されなかった」ため、
開場から2時間、一切売れなかった。(それ何?と聞いてくれる人も皆無。

4.方針転換について
今回については、「戦利品返送用」あるいは、撤収用資材として、欲しい人にあげる、
という方針に変更。


その旨ハッシュタグつきでツイート流し、それ以降は、
本を買ってくれた人に(話をしている余裕があれば)、これいかが?と紹介する。
笑ってくれるが、持って帰る人は非常に少ない。

5.頒布数
最終的に、30枚程度が、皆様に貰われていったようです。
TLを観る限り、数枚がUPされており、かつ、出展者の荷物返送が、明日24日に到着となるところからすると、
明日にはもう少し賑わうかもしれません・・・

6.今後の対応
・まず、ComicZINさんに委託することになりました。(頒布URLは未定)
こんな訳のわからないものを引き取っていただき、ありがとうございます。
・コミケ:1束くらいは手持ちで搬入するかもしれません。
見かけたら指を指して笑っていただけるとありがたいです。

以上、ご報告申し上げます。
この度は誠に申し訳ございませんでした。
スポンサーサイト

<< 技術書典非公式アフターアンケート | ホーム | 10/22 技術書典3に参加しました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。