FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2冊合同誌を書いてみての振り返り

17年12月と、18年4月に、2冊の合同誌の執筆を行い、いくつか思ったこと、得たものがあるのでメモ。

合同誌の説明
まずは、それぞれの合同誌の説明。
17年12月発行 ワンストップ!技術同人誌を書こう
技術同人誌を書いて、イベントで売るために必要なノウハウ全て。
220P。執筆者10名。
説明詳細は、C93合同誌:「ワンストップ!技術同人誌を書こう(仮)」 の企画要旨説明
等を参照ください。

18年4月発行 錬金術Meetup合同誌 Alchemist Vol1
11月からスタートの勉強会、錬金術MeetupのLTネタ振り返り等を含む合同誌です。
確率論から論じる競馬、株価を取得するとか、予想するとか、暗号通貨について書いてみたり。
120P著者9名。

いずれも、本としては大成功で、
ワンストップ本は、冬コミC93 で130部ほど頒布、委託分、Boothでの電子版も順調に売れており、
さらに商業化され、4/13発行、技術書典4でも200部完売となりました。

錬金術本 Alchemist Vol1も、現時点では未集計なものの、200冊以上を売った形になっています。

いずれの本も、きっかけの相当部分は私にあり、結果編集的な部分を担当することになりました。
ワンストップ本は完全に発起人及び発行元ととして、
Alchemistの方は、「価値あるものになるからやりましょう。」と、Meetup主催をノセて書き始めた、という意味で。

同じだったところ
・Re:view+Gitによる共同執筆
・編集者未決定

違うところ
・ワンストップ本:全員サークル主 Alchemist本:初執筆者あり。
 環境構築等個人差あり、思うように原稿が進みませんでした。(初執筆の人が遅いというわけでもない)

結果として、Alchemist本では、印刷所の早割をぶっちぎり、別の印刷所の早割を適用出来ました。
そういう意味では、十分に回った、とも言えますが。
また、コミケ前ほどの繁忙期ではなかったため、5日前でも割引入稿可能であったという状況でしたが、
コミケなら確実にアウトです。

そういう意味で、
・死守すべき締切を事前決定しなかったこと、
・編集長を決めなかったこと
は、進行遅延における大きな要因だったと考えます。

ですから、これから合同誌を書こうとされる方、上記2つはただちに決めてから執筆を開始しましょう。

スポンサーサイト

技術書典4 振り返り

技術書典参加の皆様、お疲れ様でした。
簡単ですが、振り返りをやっておきます。

今回の新刊
今回の新刊は、ワンストップ技術書を書こうの商業版、
技術同人誌を書こう アウトプットのススメです。
http://amzn.asia/5R2a0YJ

冬コミでもそれなりの数出まして、その後ありがたいことに、インプレスR&D様より商業化の声がかかり、
改訂作業を進めていたものです。
今回から技術書典は商業/一般の区切りがなくなり、商業誌も普通に売って良い事になりました。
ですので、当サークルの新刊としては、技術同人誌を書こう、が新刊になります。

あとは、レーザー本総集編と、あの箱を持ち込みました。










被チェック数

最終チェック数は99。
前回の2.5倍くらいです。

配布物と説明はこんなかんじですかね。
もっとちゃんと告知やっておけばよかった…

当日までのいろいろスケジュール

商業誌(技術同人誌を書こう)の最終校了が4/2の予定で動いていて、
3月末は編集者さんとのやり取りが何回かありました。
こちらの作業は、1章まるまる追記。追加すべきコラムの追加。全体のてにをは、誤字修正等で、
全体的には、ほぼ元原稿を生かして頂く形で、前倒しして3/28頃に最終原稿が出来上がった感じです。
その後、おまけの相談で紆余曲折。

もう一つ同時で動いていたのが、錬金術Meetupの合同誌です。
自分の原稿は早めに上げていたので楽ちん、と思ったら、
編集作業が降ってきまして・・・
締切ぶっちぎってからでかい原稿が届いたり…こっちはなかなか大変でした。

反省点:
1.締切を明確化する。 落としたくはないけど、コラムを落とすという選択も必要な時がある。
2.編集長を明確にする。 誰が編集するの?とかは、始まる前に決めておきましょう。
3.提出原稿等、レギュレーションは明確に。 締切間際の作業がめっちゃ増えます。

次回合同誌は、そのへんの反省を踏まえてやりましょう。>関係各位。

ですが、手前味噌ながら、素晴らしい本になったと思います。
ありがとう!

当日
当日は、まさかまさかの快晴。
むしろ、夏日とか、真夏日とか。

ちょっと早めに現地到着し、準備を開始。
オペレーション的に、レーザーのデモ装置は諦めました。
机の上に乗りません。




次回技術書典では…誰か合体サークルにしていただけませんでしょうか
お願いします…

技術同人誌を書こう 200持ち込み 完売。
レーザー本 50部持ち込み、 約40部販売
あの箱 80持ち込み、 15販売。(これはまあこんなもんでしょう。次回からは20づつ手持ち搬入かな…

技術同人誌を書こうは、16時ごろ完売したので、ちょうどよい持ち込み数だったと思います。
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。


アフター
今回もアフターを開催しました。
参加は100名!
ありがとうございます。

ですが、流石にハンドリングできる限界を超えていて、
開始が遅れる等、いろいろ不手際が目立ちました…

いろいろ不手際あり、申し訳ございませんでした。
やらかしたところもあり、お店をはじめ皆様に大変ご迷惑をおかけしました。
次回、開催方法およびオペレーションについて改善すべく、検討を進めてまいります。

技術書典4 おしながき

間もなく開催の技術書典のご案内です。
https://techbookfest.org/event/tbf04
イベント詳細はこちら。

(1)場所

秋葉原UDX2階ホール。
い18 壁!


(2)頒布物


[新刊]技術同人誌を書こう! アウトプットのススメ
冬コミ発行のワンストップ技術同人誌を書こう の商業版です。
表紙

技術同人誌を書いて、イベントで頒布するために必要なこと全て網羅。
ネタだし、執筆、入稿、イベントの準備、オペレーション、技術書コミュニティ、お金と税金について。
サークル主10人が踏み抜いてきた地雷を超えていけ。

頒価1800円 (Amazonでは2160円です)
おまけ:
・Re:viewチートシート(B5両面、パウチあり、下敷きとしても使えます
・同人版ダウンロードカード
・A2ポスター(希望者は言ってください。先着です。)

また、他の執筆者サークルにも置いてますので、お運びください。

頒布物2
レーザー本総集編
Laserbook.png
レーザープロジェクターを自作するために必要なこと全て。
頒価1000円

配布物3
あの箱
頒価500円
thebox.png
20~40冊くらい入る見込みです。
B5の本がピッタリ入る、宅配便60サイズの箱。ガサ入れごっこ(流行りでは、PE●Yやモリカケごっこ)ができます。
戦利品を入れて、最寄りのコンビニで発送すれば、荷物フリーになります!

寄稿:
技術季報 Vol3

光栄なことに、技術季報に4Pのコラムを寄稿しました。
技術季報Vol3の情報はまだないので、でたら追記します。

寄稿:
錬金術Meetup
Alchemist Vol1
錬金術Meetup https://alchemist.connpass.com/
の合同誌です。
技術で錬金術(金を錬成する)を目的に、月1回程度開催中の勉強会/LT会です。
中身詳細はこちら。
https://alchemists.hatenablog.com/entry/tbf04

めちゃくちゃおもしろい本になったので、お運びください。

20180415000518.png

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。