スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術書典2

4月9日開催の技術書典2にて、当サークルに起こしいただいた皆様、ありがとうございます。
まあぼちぼちな販売数だったかと思います。
いろいろな方と話をできたのはやっぱり同人イベントって素敵、と、
次回夏コミに向けての制作モチベーションを充電することができました。

この過疎ブロブを見ている人もあまりいないかと思いますが、
独自ドメイン取って、ちゃんとしたBlog作るかなーなどと、
三日坊主になりそうなことを考えているわけですが。

あとは、備忘録的に、イベント自体への感想メモを。

(1)技術書典そのものについて
前回は、友人サークルと合同で申し込んだところ見事に落選、しょんぼりしたのですが、
今回は、「隣」で当選。
もしかして、その合同の履歴を見て、あの配置にしてくれたのかな、などとも。

隣が友人サークルというのも、いろいろやりやすいですね。
隣のほうが圧倒的に売れてたので、前に人がいても、友人サークルなら気にならない&
そこに並んでる人に立ち読みしてもらって、なんてこともw
それで数冊売れました・・

次回はいつなんでしょうね。
1回目、2回目とも、オンリーイベントとしては大成功で、成功するポテンシャルがあると確認できたと思うので、
定期開催になってもらえるとありがたいです。
開催時期としては、今の4月というのは、冬コミと夏コミの間で、本を作るにもちょうどいい時期。
締め切りドリブンな人としては、ちょうど良い時期です。(今回は新刊なかったけど)

(2)会場について
秋葉原の大きい会場という意味では、とっても良い選択かと思います。
技術書専門ということで、アキバにふらっと来た人も取り込めるし、
UDX自体のアクセスも大変良いです。

天候がアレで、入場が遅いとか、中スカスカなのに、なんて批判もあったみたいですが。

(3)人・混雑の波
コミケと違って、ほぼ均等に売れてた印象。
コミケは最初1時間くらいは、エロ本を買うので忙しいので暇なのだが、中盤が忙しく、後半は少なめ、
一方で、技術書典は、技術書オンリーだけあって、均等に忙しい。
とはいえ、3時以降は売れ行きがめっきり落ちた(会場内の人口密度はあまり変わらない感じだったが)

(4)その他
・全体のサークル数も少ないのと、かなり完売が出たので、宅配便が混雑してないので、
搬出が超ラクだった。
着払いってのも、手間は少ない。
本満載のダンボールは、重量を律儀に測るヤマトでは、超高い・・・
搬入はゆうパックだったので、1.5倍くらいかかった・・・

・公式トートバック入手しそこねた・・・がっかり。



スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。